お電話でのお問い合わせ

03-3589-6753

【ITマーケティング】時代の進化と共に変わるマーケティング -マーケッターのあるべき姿-

日々、企業・店舗様のマーケティングの支援をさせていただく中で、王道のフレームワークを用いて、お客様にご説明、ご提案をさせていただく機会があります。マーケティングにおけるフレームワークは星の数ほどあり、適切に選択することで、事業や企画、広告などに大きな効果を齎します。

AIDMA、AISAS、AISCEAS、AIDCAS等々。ここ最近のフレームワークの特徴としては顧客の満足度までを考察するスタイルが追加されてきました。

AISASの法則については、以前のblogでもご紹介をしました。

しかしこの法則は2005年に電通によって提唱された、デジタルマーケティングにおける購買行動の流れを示したもの。テクノロジー、マーケティングは時代と共に進化しています。

全ての購買行動がこのフレームワークに収まるのか。。一時考えた時期がありました。

そんな折、出会った新たなフレームワークが「パルス型消費行動」です。

これは2019年にGoogleが提唱したフレームワークです。

株式会社インテージの調査によると、2012年から、電話やカタログでの宅配販売の金額は下がり、ECの利用率は増加しています。

しかし、店舗購入の消費金額には変化がなく、購入チャネルに対する意見は「お店で買物もするけど、直接手にとって見る必要のないものはECで」だと考えられます。

Googleの調査では、消費行動について以下の3つのトレンドがあることが分かりました。

①買う瞬間まで知らなかったブランドを買うことに躊躇がしない

②店舗やECに行く段階で、どのブランドの商品を買うか決めていない

③暇つぶしにスマホを触って偶然知った商品をその場で買うことに躊躇がない

ECの発展によって購入の時間、場所の制限がなくなり、「欲しい」と思った瞬間に購入に移る傾向が見えます。

この、“気まぐれ”な消費行動スタイルを、Googleは「パルス型消費行動」と名付けています。

これまでの認知→関心→欲求→記憶→購入という順を追っていた「カスタマージャーニー」型の行動とは大きく異なり、購入の意思決定は潜在的であり急速に行われるというわけです。

となれば、マーケティング手法もこれまで通りには行かないということになってきます。

時代が変われば、マーケティングも変わる。ITマーケティングは特にこの流れが速く急速に変化します。

これは私が最前線で企業・店舗の支援を行ってきて感じた観点です。

未だ猛威をふるう新型コロナ。これによりマーケティングの方法も大きく変わりました。

人の感じ方が変わる、考え方が変わる。

となれば旧来のスタイルだけでは、訴求することができないのかもしれません。

このような時代だからこそ、ITマーケッターは常に新しい取り組み、常に新しい手法を模索する必要があるのだと思います。

執行役員 信田 晋佑

【エンジニアグログ】第10回 Enjoy&Engineer

Enjoy&Engineer

お久しぶりです。システム部の部長代理を務めておりますKENです 。
技術者向きなニュースや技術に関するあれこれを発信するエンジニアブログ、第10回となります。

今回は少し懐かしい話題で、Adobe Flash Playerについてです。
既にご存知の方も多いでしょうが、Adobe Flash Playerが今年2020年末にてサポートが終了致します。

以前からサポート修了までのロードマップが提示されていましたが、
ついに先日Adobe Flash Playerを削除するWindows向けアップデートが公開されました。
ちなみにこちらのアップデートは手動となりますが、アップデート後にアンインストールすることは不可となっています。

私の記憶ですと20年ほど前はAdobe Flash Playerはリッチコンテンツの代表格だったのですが、年々新し技術が生まれてきており、最近ではほとんど見なくなってきました。
調べてみたところAdobe Flash Playerがサポート終了となる背景は以下の通りでした。
・セキュリティの脆弱性
・パフォーマンスの悪さ
・代替技術の台頭
・スマートフォンの普及

背景をみていると特に代替技術の台頭とスマートフォンの普及がAdobe Flash Player終了を早まらせたのではないかと感じました。


代替技術についてはHTML5に代表されるオープンな標準技術が登場したことで、だれでも簡単に開発することができるため一気にシェアを獲得していきました。


スマートフォンの普及については、iPhoneが発表された時点でAdobe Flash Playerはスマートフォンから外されていました。
理由は先ほど記載しては背景の通りですが、初期からAdobe Flash Playerを搭載していないスマートフォンが普及したことにより、さらにAdobe Flash Playerの需要が減ったということですね。

たかだが20年くらいですがAdobe Flash Playerの歴史を見ると時代の移り変わりの速さに驚きます。

もしご自身の管理しているサイト等でまだFlashのコンテンツを使用しているという方は早めの切替をお勧めいたします。
FlashのコンテンツをHTML5に変換するソフトが色々と出ておりますので、コンテンツに合わせたものを使用することで大きな労力を使わずに切り替えることができますよ。

それではまた次回をお楽しみに!

【ITマーケティング 多様化するSNS市場について】

Youtube、Facebook、Instagram、LINEなど現在は様々なSNS (Social Networking Service)があります。その名の通り社会的な繋がりを作り出せるサービスのことです。世代や性別、嗜好によって利用されるSNSも異なりますが、現在のSNSはさらに細分化、多様化しているのをご存じでしょうか。

一般的なものであれば、TwitCasting、17Liveなどのスマートフォンから動画配信が行えるこの種のSNSは若年層の若者にとって非常に大きなインパクトを残しました。

更にはCMなどでもご存じの方も多いかと思いますが、Studyplus。勉強時間をアプリに記録し、自分のペースを把握し、仲間と交流ができる勉強管理SNSです。2020年には累計会員数が500万人を突破し、大学受験生の約40%が利用。ユーザーの20%が社会人で、受験対策や資格取得など幅広く使われています。

勉強の管理だけでなく、共通の目標をもった仲間とつながれる点に特徴があり、参考書の情報を共有し、自分だけでは続けられない勉強を継続する仕組みがあります。

ファッション関係であればWEAR。

ショップスタッフや著名なファッショニスタをはじめ、ファッションに関心の高い一般ユーザーが投稿するコーディネートを検索できるサービスです。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイによって提供されています。アプリのダウンロード数は1,400万を達成し、コーディネート投稿数は900万件を突破しました。

他にも、様々な新しいSNSが続々とリリースされています。

かつて、SNS集客といえばTwitter、Facebook、LINEなどが一般的でしたが、この多様化により、よりマーケティングを綿密に行う必要性が生まれたと思います。今は個人が用途によって複数のSNSを使い分けて使用する時代です。

自身の商品・サービスを提供したいユーザーは何を目的として、どの時間帯にどのSNSに一番多くいるのかなど、より精査することが来店型店舗の広告手法として必要になってきているように感じられます。

信田 晋佑

【エンジニアグログ】第9回 Enjoy&Engineer

株式会社エンジョイ システム部のサイトーです。

技術者向きなニュースや技術に関するあれこれを発信するエンジニアブログ、第9回となります。

インターネットで情報を見る際、みなさん「Webブラウザ」を利用するかと思います。

今回は特に世界的にもシェアが高いChromeの『拡張機能』について取り上げていきます。

Chromeには「拡張機能」が備わっています。

Googleウェブストアから簡単にダウンロードでき、中には自作で拡張機能を作る方もいます。

数も豊富で、自分はWebページ全体のスクリーンショット を作成してくれる機能などをよく使います。

そんな便利な拡張機能ですが、研究者の調査により約500個以上の拡張機能が不正に個人情報を入手していたということが、今年の2月に発表されました。

これらの拡張機能は速やかに削除されたとのことですが、170万人以上の人に影響があったとされています。

不要な機能を入手しないことが最も良いと思いますが、どうしても導入しようとしている場合は機能の中に含まれる「広告」に触れないようにすることが大事なようです。

みなさんも導入の際にはお気をつけください。それではまた次回をお楽しみに!

【ITマーケティング】効果的なチームを知る

はじめまして 店舗支援と、介護施設の採用支援をさせて頂いております。吉田です。

私も含め、皆さんもチームで仕事をされている方も多いかと思います。

しかし、チームとしての目標が明確でなかったりすると、

生産性の低下やメンバー間の摩擦が生まれるといった問題が生じかねません。

では、どうすれば効果的なチームを作れるのでしょうか?

Googleがチームを成功に導く鍵の中で、心理的安全性があります。

心理的安全性とは、「一人ひとりが恐怖や不安を感じる事無く、安心して、発言、行動が出来る状態」を指します。

「人は、前向きな提案はしやすいが、ネガティブな指摘や、提案はしづらい」

という事が根底にあり、ネガティブな提言がしづらくなるのは主にこの4つの「不安」に理由があると言われています。

①:無知だと思われることへの不安
②:無能だと思われることへの不安
③:邪魔をしていると思われることへの不安
④:ネガティブだと思われることへの不安

この4つの「不安」がチームの中に存在していると、個人やチームのパフォーマンスに悪影響が出ると言われています。

しかし、このチームなら大丈夫!ということがチーム全体で共有されていると、この様に変わります。

①分からないこと、知らないことはすぐに聞くことが出来る
②ミスを受け入れてすぐに報告出来る
③アイディアや意見を言うことが出来る
④否定的な発言も言うことが出来る

心理的安全性が担保されると、メンバーは不安を感じることなく行動し、メンバー同士で 自然と協力し合えるようになります。自分らしく働けるようになるので、一人ひとりの思考やビジョンが明確化し、チームとしてのパフォーマンスが向上致します。

コロナの状況だからこそ、繋がりが大事になってきます。

この機会に皆さんもチームとしての在り方を話し合うのはいかがでしょうか。

【ITマーケティング 従業員満足と生産性】

お久しぶりです。ITマーケッター周防です。

最近は、社会福祉法人の介護施設様の従業員リサーチを担当させていただきました。

実は、過去のブログにも投稿したことがありますが、
私がエンジョイへ入社理由の一つとして、働く環境をよくしたいと思っております。

前職の飲食店で従業員の満足を測るエンゲージメントテストを行っていました。
エンゲージメントテストの結果のフィードバックをされず、その結果がどうなったのか、どう生かされるか、更に、従業員の満足度を上げるにはどうしたらよいのかと私自身でやりたいことが見つかったことが理由です。

社会福祉法人の介護施設様の従業員リサーチを行い、リサーチ結果を拝見させていただきましたが、皆様長文の文章に、心暖かくなりました。

私が前回行った従業員リサーチでは、全問選択式の項目でありました。休憩時間を利用し、ひたすら適当にチェックをつけていたのも今でも鮮明に覚えいます。

私たちは顧客クラウドシステムの開発を行っている会社でありますが、一番の顧客は従業員であると考えています。

コロナウィルスの影響で、リモートワークの導入が活性化され、働き方改革自体良い方向に進んでいるように感じます。しかし、働き方改革の目的「生産性の向上」はどうでしょうか。生産性の向上をするためにも、従業員の声に傾ける必要があるのではないでしょうか。

周防海里

【エンジニアグログ】第8回 Enjoy&Engineer

Enjoy&Engineer

お久しぶりです。システム部の部長代理を務めておりますKENです 。
技術者向きなニュースや技術に関するあれこれを発信するエンジニアブログ、第8回となりました。

新型コロナウイルス収束の兆しがなかなか見えない昨今、まだまだテレワークの普及が進んでいるようです。
前回はテレワークに潜むセキュリティリスクについての話題でしたが、今回はテレワーク導入でコアとなるネットワーク接続に関するサービスのご紹介です。

テレワーク導入時にネットワーク接続に関してVPN接続でセキュリティの担保を図ることが多いかと思います。
ごく小規模なネットワークや既にVPNに対応したネットワーク機器をそろえている環境であれば導入にそこまでコストがかからないかもしれません。
しかし、中規模以上かつVPNに対応したネットワーク機器をそろえていない環境の場合は導入に多大なコストがかかると考えられます。

今回は上記のような問題でテレワーク導入に消極的ななってしまう方々へ、4月に入ってから公開された2つのサービスについてご紹介させて頂きます。

最初にご紹介させて頂くのは「シン・テレワークシステム」
「シン・テレワークシステム」はNTT東日本とIPAが新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言や自宅勤務への社会的要請を受けて、テレワークを支援するために4/21に提供を開始したサービスです。
このサービスは契約不要・ユーザー登録不要の、直ちに利用可能な、無償のシンクライアント型VPNとなっており導入もいたってシンプルです。
社内のPCやサーバに「サーバ用アプリケーション」をインストールし、自宅で使用するPCに「クライアント用アプリケーション」をインストールするだけで、VPNを使用したリモートデスクトプ操作が可能となります。
こちらのサービスを使用するとVPN接続用に機器等の導入をする必要がなく、VPN接続で社内のPCやサーバを操作することが可能となります。
詳細はNTT東日本のHPをご参照ください。

次にご紹介させて頂くのは「BeyondCorp Remote Access」
こちらは米Googleが4/20(現地時間)に新型コロナウイルス感染症対策でテレワーク化が進んでる中、リモートからイントラネット内のWebアプリに安全にアクセスするためのシステムとしてGoogle Cloudユーザーへの提供を開始しました。
この「BeyondCorp Remote Access」は新しい考え方「ゼロトラストネットワーク」に基づくサービスで、ネットワークは全て危険という前提でオンプレミスやクラウドにある業務アプリケーションにVPNを使わずに、社外から安全にアクセスできるようにするサービスです。
このサービスの考え方や研究論文については公式HPを参照頂ければと思いますが、簡単に説明しますとオンプレミスやクラウドにあるWebアプリケーションに対して、当該サービスによって高度なアクセス制御を設定することで従業員がいつどのようなデバイスやネットワークを使用してアクセスをしてもセキュリティ的な担保を持つことが可能になります。
詳細はGoogle CloudのHPをご参照ください。

今回はテレワーク導入に関するサービスを2つご紹介させていただきましたが、新型コロナウイルス対策としてテレワーク導入が急務となっている企業等が多くなってきたからか期間限定でサービスの無償提供や革新的なサービスが発表されることが多く見受けられるようになりました。

テレワーク導入の必要がなかった企業様や、まだまだ先だと考えている企業様は働き方の多様化という現代のニーズに応えてみるべくこの機会にテレワークの実施検証を進めてみるのも手かもしれませんね。

それではまた次回をお楽しみに!

【ITマーケティング 新しい時代が始まるまでに準備するべきこと】

日々、報道では「新型コロナウイルス」の話題が多く、自粛で心身ともに疲れが溜まってきた著者でございます。

SNS上では不満・批判などが散乱。多くの店舗が休業となり、どうも前向き気持ちになれない気がしますので、こちらのblogでは少しでも明るい話題を提供できればと思います。

さて、まだ先行き見えない時期ではありますが、前回のblogでも申し上げました通り、

今は「準備期間」として考え、行動するしかないかと思います。

弊社のクライアントでオフィスや店舗デザイン・施工を手掛ける企業様に最近の動向をお伺いしたところ、店舗改装などのご依頼が多いとのことでした。

客足が遠のくこの時期に、こういった取り組みをされる企業・店舗が増えてきているのだと思います。

こちらのクライアント様では、現在この期間中に少しでも企業・店舗様のお力になれればと

期間特別割引を実施されています。ご興味ございましたら是非お問合せください。

—————————————————————-

gram株式会社 

新型コロナウイルスでお困りの企業様へ

オフィス工事 期間特別割引のお知らせ

https://peraichi.com/landing_pages/view/0413gram

—————————————————————-

さて、ネット上ではこの時期にある検索ワードが検索数を伸ばしています。

それは「テイクアウト」「ウーバーイーツ」です。

Googleトレンドを見てみますと、この4月に入ってから検索数が上昇しているのが分かります。新型コロナウイルスが落ち着き、飲食店で安定した売上をお考えであれば、今のうちから是非お取り組みされることをお勧め致します。 また、これはまだ調査中なのですが

「出張シェフ」がこの時期に検索を伸ばしてきているのも気になっています。

外出できないので自宅に呼ぶといったニーズなのでしょうか。

興味深いですね。

まだまだ収束は見えない状況ですが、来店型店舗にとって新しいビジネススタイルが今後定着化するように思えます。今の時期を好機と捉え、ITを活用し新たな販売網の確立をされてはいかがでしょうか。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑

【エンジニアグログ】第7回 Enjoy&Engineer

Enjoy&Engineer

株式会社エンジョイ システム部のサイトーです。
技術者向きなニュースや技術に関するあれこれを発信するエンジニアブログ、第7回となります。

今回は『テレワークに潜むセキュリティリスク』について考えてみましょう。

世間を騒がせている新型コロナウイルスによって、テレワーク導入が広がっています。
最近では東京オリンピック開催に向けて、混雑回避を目的とした導入企業が多かったのですが、コロナウイルスの件でWeb会議ツール等を急遽利用し始めた人も多いかと思います。
その際に発生しうるセキュリティリスクが幾つかあります。

例えば、Web会議ツールへアクセスするURLの推測です。
第3者がURLへアクセス可能な場合、会議内容の傍受や閲覧ができる可能性があります
実際には学校のオンライン授業のURLを推測して、侵入したという事例があったりするようです。

このような場合は招待した人しか受け付けない等の対策が有効となります。

その他、接続するネットワークにも注意が必要です。
重要な情報はVPN等で信頼できるネットワークのみ接続するのが望ましいですが、今回のような急な場合はそうも言ってられないでしょう。
自宅や公共のワークスペースのWi-Fi接続先に不審な物がある場合は接続しないようにしましょう。

上記はほんの一例に過ぎません。
テレワーク=オフィス以外での作業なので、純粋に考えればアナログなソーシャルハッキングの方がリスクは高いのかもしれません。
そういったリスクを十分理解しながら、快適かつ安全にテレワークが浸透していけば良いなと思います!

それではまた次回をお楽しみに!

【ITマーケティング 新型コロナ騒動における来店型店舗の考え方】

新型コロナウイルスの影響もあり、多くの来店型店舗が売上減、来店率の減少に悩まされています。

私のクライアントも影響を受けている方もいらっしゃいます。

しかし、全てを悲観するのではなく、この機会を前向きに捉えることが必要と考えます。

例えば、IT業界でよく話題に上がるのが「WEB会議」の需要増加。働き方を変える一つのキッカケになりました。

このように、この期間を「準備期間」と考え、新たな施策や業態を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

来店がないのなら、こちらから届けにいくというスタンスも必要かと思います。

飲食店、居酒屋であれば「Uber Eats」を取り入れランチタイムのボックス商品を出すのもよいでしょう。

美容系であれば、出張サービスなども良いかもしれません。

先日、私のクライアントの小売店では海外に的を絞り、Facebookにて広告展開をはじめました。早速反応があり、今後の新しい販路の拡大に繋がりそうです。

人が外出しなくなるとインターネットの需要が増えます。 米グーグルは24日、傘下の動画サイト、YouTubeについて、世界で配信する動画の画質を一時的に引き下げる方針を明らかにしました。新型コロナウイルス対策の外出制限が広がり、サービスの利用が増えており、インターネットが停滞するのを防ぐことが目的です。

となれば、このタイミングでYouTubeを活用した広告展開や、動画でのアプローチを増やすチャンスでもあると考えます。

このように、悲観するだけではなく、新たな取り組みに動き出す期間と考え、騒動が収束した際に、よいスタートダッシュが切れるよう努めることこそが、来店型店舗の経営者に求められていると思います。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑

Mediaメディア掲載実績

歯科医院経営・総合情報誌アポロニア21/月刊「BIGLIFE21」/月刊「美楽」/楽天コミュニケーションズ㈱様/他

【Biglife21】様WEB記事はこちら
お客様の本音を集める新クラウドサービス「JOYボイス」を提案する

WEB記事を読む

Contactシステム開発・クラウドサービス・SES お気軽にお問い合わせください