【ITマーケティング】コロナがもたらす営業スタイルの変化

With コロナの時代に取るべき営業活動とは。

新型コロナウイルスの感染拡大は、営業活動や企業業績に大きな影響を与えました。
なにより今後もコロナのような感染症や災害はおこり続けるかもしれません。
コロナ以前は、訪問営業を行い商談するといったフィールドセールスが主流だった企業も
多かったと思います。
しかし、感染を恐れ、訪問活動が出来なくなった今、営業にも変化が訪れています。
それが「インサイドセールス」になります。

インサイドセールとはテレアポなどでの新規顧客の開拓、電話などでの見込み客の育成
Web 接客やサイト上のセールスライティングでのクローズ等があげられます。

インサイドセールスを導入する 3 つのメリット
①従業員に自由度の高い働き方の提供が可能
②テレワークで対応できるため、場所を選ぶ必要が無くなる
③移動時間や、移動費等のコストの削減が可能

実際、コロナ禍で好調だった企業はインサイドセールスも、コロナ禍以前から
取り入れていた営業方法です。
そして、テレワークは、国が企業の生産性をあげるべく働き方改革の施策に入っています。

With コロナの時代だからこそ、「対面」営業による人間関係の構築や情に頼る営業スタイル
から脱却し「顧客の課題を発見し解決に導く」スタイルが
必要とされるのではないでしょうか。

ソリューション部 吉田 孝伴