【マーケティング】ITで商品・サービスの未来を予測する方法

Googleトレンドをご存じでしょうか。

検索ワードのトレンドが分かる便利なサービスです。

私もSNSを使う傍ら、このサービスを利用してハッシュタグを選定したり

しています。

さて、このGoogleトレンドですが、実はサービスや商品の未来を予測する

ツールとして活用する方法があります。

実はこの使い方こそが、本来の使い方なのではないかなーと思っている次第です。

簡単に言えば「売れる時期」を知ることが出来る訳です。

Googleトレンドを開いて、検索ワードを入れる。ここまでは皆さんやられると

思いますが、期間を設定されていらっしゃいますでしょうか。

例えば「生命保険」を検索しみましょう。

デフォルトの設定ですと、過去12カ月が表示されるようになっています。

この期間の設定を過去5年間にしてみます。

過去5年間にすると、毎年均等に上がっている月があるのが分かります。

これ、全て11月なんですね。

なんで11月?と思われた方もいると思います。

11月は生命保険の契約が多い月。戦後の業界全体での販促施策の名残で、多くの生命保険会社が「保険月間」として営業を強化する時期だそうです。

年末調整で生命保険料控除の手続きもあり、自然と普段は忘れがちな保険のことを思い出す時期でもあります。

では、ジャンルを変えて、「財布」を過去5年で調べてみましょう。

はい。また面白いデータが取れました!

財布が検索される最も多い時期は、過去5年間、全て年末年始に検索数が上がっているんです。理由は分かりませんが、毎年このタイミングで財布を買い替える層が多いということが分かります。

この検索データをもとに、商品のアプローチを増やす時期を決めることができますね。

Googleトレンドは今のトレンドを見るものではなく、過去を遡りサービス、商品・サービスの未来を予測することができるマーケティングサービスです。

あたなのビジネスにも是非お役立てください。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑