【マーケティング】チームで働く

こんにちは、初めまして。
元飲食店勤務の、ITマーケッター周防です。

SNS時代になり、『承認欲求』という言葉をよく耳にするようになりましたね。

そもそも承認欲求とは、
「他者から認められたい、自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、
「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。 (参照Wikipedia)

認められたい…
では褒めればいいのか?というお話になりますが、
「褒めるためのボーダーライン」を設けることが大切です。

例えば、人事売上高(=売上高÷総労働時間で求めることができます。)

従業員1人の1時間当たりの売上高を求める計算式。

飲食店で利用されることが多いです。
人事売上高をベースに1日毎の予算を決めることで、
平日と土日で比較しやすくなったり、
「忙しい」を体感ではなく、数値化することで
チーム内での明確な目標とすることができます。

また、人事売上高の共有も大切です。
共有→目標に達成すれば褒めることが
どんなことも報告、連絡、相談できる良いチーム作りへと繋がります。

従業員の雰囲気はお客様に伝わります。

お客様からの悪いコメントも良いコメントも報告できる環境、チームこそが
実はお客様にとって、居心地の良い雰囲気を作っているのではないでしょうか。

本来一番大切にしなければならないのは
そこで働いている従業員ではないでしょうか。

現在、従業員向けの承認欲求を測るテストは沢山あります。

実際に以前勤めていた会社でも受けたことがあります。
80問程ある質問、休憩時間を使って回答するもののどう活かせるかかわからない…
そういった気持ちのまま実施して、本当にそれで承認欲求は測れるのでしょうか。

「飲食業界の離職率は高い」
そういった概念で終わらせるのではなく、
本当に働きやすいチーム、離職率の低いチームとはどういうものか
考え直すきっかけになれば幸いです。