【エンジニアグログ】第7回 Enjoy&Engineer

Enjoy&Engineer

株式会社エンジョイ システム部のサイトーです。
技術者向きなニュースや技術に関するあれこれを発信するエンジニアブログ、第7回となります。

今回は『テレワークに潜むセキュリティリスク』について考えてみましょう。

世間を騒がせている新型コロナウイルスによって、テレワーク導入が広がっています。
最近では東京オリンピック開催に向けて、混雑回避を目的とした導入企業が多かったのですが、コロナウイルスの件でWeb会議ツール等を急遽利用し始めた人も多いかと思います。
その際に発生しうるセキュリティリスクが幾つかあります。

例えば、Web会議ツールへアクセスするURLの推測です。
第3者がURLへアクセス可能な場合、会議内容の傍受や閲覧ができる可能性があります
実際には学校のオンライン授業のURLを推測して、侵入したという事例があったりするようです。

このような場合は招待した人しか受け付けない等の対策が有効となります。

その他、接続するネットワークにも注意が必要です。
重要な情報はVPN等で信頼できるネットワークのみ接続するのが望ましいですが、今回のような急な場合はそうも言ってられないでしょう。
自宅や公共のワークスペースのWi-Fi接続先に不審な物がある場合は接続しないようにしましょう。

上記はほんの一例に過ぎません。
テレワーク=オフィス以外での作業なので、純粋に考えればアナログなソーシャルハッキングの方がリスクは高いのかもしれません。
そういったリスクを十分理解しながら、快適かつ安全にテレワークが浸透していけば良いなと思います!

それではまた次回をお楽しみに!