お電話でのお問い合わせ

03-3589-6753

【ITマーケティング】時代の進化と共に変わるマーケティング -マーケッターのあるべき姿-

日々、企業・店舗様のマーケティングの支援をさせていただく中で、王道のフレームワークを用いて、お客様にご説明、ご提案をさせていただく機会があります。マーケティングにおけるフレームワークは星の数ほどあり、適切に選択することで、事業や企画、広告などに大きな効果を齎します。

AIDMA、AISAS、AISCEAS、AIDCAS等々。ここ最近のフレームワークの特徴としては顧客の満足度までを考察するスタイルが追加されてきました。

AISASの法則については、以前のblogでもご紹介をしました。

しかしこの法則は2005年に電通によって提唱された、デジタルマーケティングにおける購買行動の流れを示したもの。テクノロジー、マーケティングは時代と共に進化しています。

全ての購買行動がこのフレームワークに収まるのか。。一時考えた時期がありました。

そんな折、出会った新たなフレームワークが「パルス型消費行動」です。

これは2019年にGoogleが提唱したフレームワークです。

株式会社インテージの調査によると、2012年から、電話やカタログでの宅配販売の金額は下がり、ECの利用率は増加しています。

しかし、店舗購入の消費金額には変化がなく、購入チャネルに対する意見は「お店で買物もするけど、直接手にとって見る必要のないものはECで」だと考えられます。

Googleの調査では、消費行動について以下の3つのトレンドがあることが分かりました。

①買う瞬間まで知らなかったブランドを買うことに躊躇がしない

②店舗やECに行く段階で、どのブランドの商品を買うか決めていない

③暇つぶしにスマホを触って偶然知った商品をその場で買うことに躊躇がない

ECの発展によって購入の時間、場所の制限がなくなり、「欲しい」と思った瞬間に購入に移る傾向が見えます。

この、“気まぐれ”な消費行動スタイルを、Googleは「パルス型消費行動」と名付けています。

これまでの認知→関心→欲求→記憶→購入という順を追っていた「カスタマージャーニー」型の行動とは大きく異なり、購入の意思決定は潜在的であり急速に行われるというわけです。

となれば、マーケティング手法もこれまで通りには行かないということになってきます。

時代が変われば、マーケティングも変わる。ITマーケティングは特にこの流れが速く急速に変化します。

これは私が最前線で企業・店舗の支援を行ってきて感じた観点です。

未だ猛威をふるう新型コロナ。これによりマーケティングの方法も大きく変わりました。

人の感じ方が変わる、考え方が変わる。

となれば旧来のスタイルだけでは、訴求することができないのかもしれません。

このような時代だからこそ、ITマーケッターは常に新しい取り組み、常に新しい手法を模索する必要があるのだと思います。

執行役員 信田 晋佑

【ITマーケティング 多様化するSNS市場について】

Youtube、Facebook、Instagram、LINEなど現在は様々なSNS (Social Networking Service)があります。その名の通り社会的な繋がりを作り出せるサービスのことです。世代や性別、嗜好によって利用されるSNSも異なりますが、現在のSNSはさらに細分化、多様化しているのをご存じでしょうか。

一般的なものであれば、TwitCasting、17Liveなどのスマートフォンから動画配信が行えるこの種のSNSは若年層の若者にとって非常に大きなインパクトを残しました。

更にはCMなどでもご存じの方も多いかと思いますが、Studyplus。勉強時間をアプリに記録し、自分のペースを把握し、仲間と交流ができる勉強管理SNSです。2020年には累計会員数が500万人を突破し、大学受験生の約40%が利用。ユーザーの20%が社会人で、受験対策や資格取得など幅広く使われています。

勉強の管理だけでなく、共通の目標をもった仲間とつながれる点に特徴があり、参考書の情報を共有し、自分だけでは続けられない勉強を継続する仕組みがあります。

ファッション関係であればWEAR。

ショップスタッフや著名なファッショニスタをはじめ、ファッションに関心の高い一般ユーザーが投稿するコーディネートを検索できるサービスです。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイによって提供されています。アプリのダウンロード数は1,400万を達成し、コーディネート投稿数は900万件を突破しました。

他にも、様々な新しいSNSが続々とリリースされています。

かつて、SNS集客といえばTwitter、Facebook、LINEなどが一般的でしたが、この多様化により、よりマーケティングを綿密に行う必要性が生まれたと思います。今は個人が用途によって複数のSNSを使い分けて使用する時代です。

自身の商品・サービスを提供したいユーザーは何を目的として、どの時間帯にどのSNSに一番多くいるのかなど、より精査することが来店型店舗の広告手法として必要になってきているように感じられます。

信田 晋佑

【ITマーケティング】効果的なチームを知る

はじめまして 店舗支援と、介護施設の採用支援をさせて頂いております。吉田です。

私も含め、皆さんもチームで仕事をされている方も多いかと思います。

しかし、チームとしての目標が明確でなかったりすると、

生産性の低下やメンバー間の摩擦が生まれるといった問題が生じかねません。

では、どうすれば効果的なチームを作れるのでしょうか?

Googleがチームを成功に導く鍵の中で、心理的安全性があります。

心理的安全性とは、「一人ひとりが恐怖や不安を感じる事無く、安心して、発言、行動が出来る状態」を指します。

「人は、前向きな提案はしやすいが、ネガティブな指摘や、提案はしづらい」

という事が根底にあり、ネガティブな提言がしづらくなるのは主にこの4つの「不安」に理由があると言われています。

①:無知だと思われることへの不安
②:無能だと思われることへの不安
③:邪魔をしていると思われることへの不安
④:ネガティブだと思われることへの不安

この4つの「不安」がチームの中に存在していると、個人やチームのパフォーマンスに悪影響が出ると言われています。

しかし、このチームなら大丈夫!ということがチーム全体で共有されていると、この様に変わります。

①分からないこと、知らないことはすぐに聞くことが出来る
②ミスを受け入れてすぐに報告出来る
③アイディアや意見を言うことが出来る
④否定的な発言も言うことが出来る

心理的安全性が担保されると、メンバーは不安を感じることなく行動し、メンバー同士で 自然と協力し合えるようになります。自分らしく働けるようになるので、一人ひとりの思考やビジョンが明確化し、チームとしてのパフォーマンスが向上致します。

コロナの状況だからこそ、繋がりが大事になってきます。

この機会に皆さんもチームとしての在り方を話し合うのはいかがでしょうか。

【ITマーケティング 新しい時代が始まるまでに準備するべきこと】

日々、報道では「新型コロナウイルス」の話題が多く、自粛で心身ともに疲れが溜まってきた著者でございます。

SNS上では不満・批判などが散乱。多くの店舗が休業となり、どうも前向き気持ちになれない気がしますので、こちらのblogでは少しでも明るい話題を提供できればと思います。

さて、まだ先行き見えない時期ではありますが、前回のblogでも申し上げました通り、

今は「準備期間」として考え、行動するしかないかと思います。

弊社のクライアントでオフィスや店舗デザイン・施工を手掛ける企業様に最近の動向をお伺いしたところ、店舗改装などのご依頼が多いとのことでした。

客足が遠のくこの時期に、こういった取り組みをされる企業・店舗が増えてきているのだと思います。

こちらのクライアント様では、現在この期間中に少しでも企業・店舗様のお力になれればと

期間特別割引を実施されています。ご興味ございましたら是非お問合せください。

—————————————————————-

gram株式会社 

新型コロナウイルスでお困りの企業様へ

オフィス工事 期間特別割引のお知らせ

https://peraichi.com/landing_pages/view/0413gram

—————————————————————-

さて、ネット上ではこの時期にある検索ワードが検索数を伸ばしています。

それは「テイクアウト」「ウーバーイーツ」です。

Googleトレンドを見てみますと、この4月に入ってから検索数が上昇しているのが分かります。新型コロナウイルスが落ち着き、飲食店で安定した売上をお考えであれば、今のうちから是非お取り組みされることをお勧め致します。 また、これはまだ調査中なのですが

「出張シェフ」がこの時期に検索を伸ばしてきているのも気になっています。

外出できないので自宅に呼ぶといったニーズなのでしょうか。

興味深いですね。

まだまだ収束は見えない状況ですが、来店型店舗にとって新しいビジネススタイルが今後定着化するように思えます。今の時期を好機と捉え、ITを活用し新たな販売網の確立をされてはいかがでしょうか。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑

【ITマーケティング 新型コロナ騒動における来店型店舗の考え方】

新型コロナウイルスの影響もあり、多くの来店型店舗が売上減、来店率の減少に悩まされています。

私のクライアントも影響を受けている方もいらっしゃいます。

しかし、全てを悲観するのではなく、この機会を前向きに捉えることが必要と考えます。

例えば、IT業界でよく話題に上がるのが「WEB会議」の需要増加。働き方を変える一つのキッカケになりました。

このように、この期間を「準備期間」と考え、新たな施策や業態を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

来店がないのなら、こちらから届けにいくというスタンスも必要かと思います。

飲食店、居酒屋であれば「Uber Eats」を取り入れランチタイムのボックス商品を出すのもよいでしょう。

美容系であれば、出張サービスなども良いかもしれません。

先日、私のクライアントの小売店では海外に的を絞り、Facebookにて広告展開をはじめました。早速反応があり、今後の新しい販路の拡大に繋がりそうです。

人が外出しなくなるとインターネットの需要が増えます。 米グーグルは24日、傘下の動画サイト、YouTubeについて、世界で配信する動画の画質を一時的に引き下げる方針を明らかにしました。新型コロナウイルス対策の外出制限が広がり、サービスの利用が増えており、インターネットが停滞するのを防ぐことが目的です。

となれば、このタイミングでYouTubeを活用した広告展開や、動画でのアプローチを増やすチャンスでもあると考えます。

このように、悲観するだけではなく、新たな取り組みに動き出す期間と考え、騒動が収束した際に、よいスタートダッシュが切れるよう努めることこそが、来店型店舗の経営者に求められていると思います。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑

【ITマーケティング】友達に制作をしてもらったホームページが成功しない理由

来店型店舗様の顧客獲得の支援をさせていただいおりますと、しばしば「HPは友達に作ってもらいました」といったお話をよく耳にします。

この友達に作ってもらったホームページですが、どの程度「顧客獲得の効果」を期待されているのだろうかと、思ってしまうことがあります。

ビジネスには必ず「目的」が必要です。

では、目的とは?

ホームページは「新規の顧客獲得」以外に他ありません。

概ね、このようなお話をされる店舗のホームページには「顧客獲得における導線」がないものがほとんどです。

前回、「AISASの法則」について触れましたが、顧客はWEB媒体や、口コミなどで店舗を

認知した後に行うのが「来店」ではなく「検索」という動作です。

つまり、検索先のホームページに適切な情報がない。

または来店に繋がる導線が存在しない場合、そのまま離脱。二度と訪れることがない人になってしまいます。

この「検索動向の多様化」こそが、店舗が最も力を入れるべきWEBマーケティングになります。美容サロンでいえばホットペッパビューティーに掲載したから、お客様が来るのではなく、ホームページやGoogleマイビジネス上で様々な情報発信をするべきであると私は考えます。

なぜなら、検索しているユーザーは、検索結果の情報が少ないと判断できずに行動が止まるという結果があるからです。

少し話を戻しますが、「友達が作ったホームページ」または「安価なホームページ」には共通点があります。それは、店舗のコンセプトが存在しない。そして「予約(購入)への導線」がないことです。

見栄えは綺麗ですが、内容がメニューと店内の写真程度しかないといったところでしょうか。

【新規顧客獲得=プラットホーム×コンテンツ】であると私は考えています。

ホームページは「売り場」になっていなくては、顧客獲得には繋がりません。

「売り場」とは、店舗でいえば「予約」。または物販の「購入」になるかと思います。

今一度、自社のホームページのアクセス数に対して新規顧客の来店数(予約・購入)を精査されてみてはいかがでしょうか。

㈱エンジョイ 信田 晋佑

【ITマーケティング】情報発信と自己表現

こんにちは、11月ぶりの登場となりました。ITマーケッターの周防です。本日は情報発信と自己表現についてお話します。

私は情報発信とは「内に秘めたものを外に出すこと」だと思っております。脳内に秘めた想いをコンピュータを使って文字として起こしているのがブログ。

そして、ITマーケティングを通じて情報発信することの大切さを身に染みて感じます。情報は発信しないと何も伝わらないのです。極端な例ですが、例えば、初めて会った方が一言も喋らない方だったらどのように感じますか?

「何もお話にならない物静かな人」で終わっちゃいます。本当は面白い方かもしれないし、すごい経歴を持っている方かもしれないけど、情報は発信しないと何も生まれないのです。

この現状がどのような店舗でも発生しています。例えば、飲食店において接客していれば食材のこだわりやご自身の想いを自信を持って説明してくださるのに、それは来店前のお客様に届いていないのが現実です。

SNSをやっているからしっかり情報発信はできているとおっしゃる方もよくいらっしゃいます。果たしてその情報は今すぐ来店したいと思っているお客様に届いているのでしょうか…SNSで情報を発信することは悪いことではありません。ただ、今すぐ来店したいと思っているお客様に発信するツールではないのです。

適切な情報を適切な方に伝えるのが大切なのです。発信するツールは沢山あります。テレビ、インスタグラム、Youtube、Googleマイビジネス、食べログ。どういった効果を求めるかによってツールは違ってきます。しっかり店舗の課題に合ったツールを吟味しましょう。

 続いて自己表現のお話です。自分の想いを表現するツールも様々です。

料理やプログラミング、歌、写真など表現できる世界はたくさんです。

「なぜこのツールで、そして何を伝えたいのか、どんな想いがあるのか」その発信をお手伝いするのが私のお仕事です。

皆さん、現在お勤めのお仕事に至った動機が必ずあると思います。

私がマーケティングのお仕事をしているのも理由があります。「マーケティングを通じて、店舗の売り上げを上げ、従業員が働きやすい環境を作りたい」この想いです。私にとってマーケティングは、私のミッション遂行するためのツールなのです。今後もそういった想いに寄り添えるマーケッターであり続けたいです。

【ITマーケティング】検索手法の多様化について

先日、飲食店に関わる興味深い調査データが発表されました。

「グルメサイトに関する消費者意識調査」。

株式会社TableCheckが発表したこの調査データは、一言で言えばGoogle検索(Googleマップ、Googleマイビジネスなど)やSNSで、自店舗のターゲットに合った顧客層に発信し、ユーザー側も自分に合った情報を簡単に検索できる時代となり、グルメサイト離れが加速しているといった内容でした。

この結果だけ見ると、次なる「顧客が集まるプラットホーム」を知りたくなってしまいますが、実はここでしっかり見据えなければならないのは「検索動向」であると、私は考えます。

グルメサイトから顧客が離れ、次はGoogleだ!といった安易なものではないというものです。

今回の調査データの内容を疑った訳ではありませんが、弊社でも似た内容でリサーチを実施しました。一般消費者90名に対して以下の質問を投げかけました。

Q 飲食店探すツールは?①Google検索②Googleマップ③グルメサイト④その他

といった内容です。この質問に対して以下の回答をいただきました。

前段でお話をした調査データとほぼ似た回答内容でした。これを見るとGoogleマイビジネスとGoogleマップを合わせれば、50%の方がGoogleを飲食店探しに利用しているということになりますが、今回のリサーチにご協力をいただいた皆様の回答の仕方にヒントがあると思ったのです。

いかがでしょうか。一つのプラットホームに限らず、様々なプラットホームを利用する方が多いということが分かりました。

この検索動向はマーケティング用語では「AISASの法則」と呼ばれています。

インターネットが多く普及した現代における、消費者の購買行動プロセスを表したものです。

「AISASの法則」とは、インターネットより得られた情報をもとに、消費者が商品を購入するまでの行動プロセスを「認知・注意(Attention)」→「興味・関心(Interest)」→「検索(Search)」→「行動(Action)」→「共有(Share)」の5段階で表したものです。

まず消費者は、WEB媒体などの広告から店舗の存在を「認知(A)」します。

その中から「認知」した店舗を、自分に関係のあるものとして「興味・関心(I)」をもち、そこで来店について検討するようになります。

「興味・関心」を持った店舗について、消費者はインターネットで「検索(S)」を行います。Googleやグルメサイトなどの検索エンジンを利用して情報収集し、様々な店舗と比較検討します。

実際にその店舗に関連するホームページを見に行くお客様もいるため、検索されるであろうキーワードでサイトが上位にある事も重要です。また、内容が充実したホームページでないと、その時点でお客様の来店意欲を失くしてしまう可能性もあります。

・お店へのアクセスが分かりやすい

・商品について、お客様の声など信頼性のある口コミ掲載がある

・「お問い合わせ」「予約」ボタンがあり、常に来店に繋がる導線がある。

・来店へのステップを1つでも少なくする

など、お客様がスムーズに「行動(来店)」できるようサポートするのも、ホームページの大きな役割のひとつです。

来店した店舗の商品(メニュー)について、感想などをブログやSNS、口コミサイトを用いて発信したり、知人に口頭で伝えることで情報を

「共有(S)」します。

「共有」された情報が他の消費者の目に留まることで、来店行動が広まっていくのです。

インターネットの普及に伴い、お客様の購買行動プロセスは多様化してきましたが、

その中でも「検索」は欠かせないものになっています。

「お客様の求める情報を発信出来ているか?」

「興味・関心を引くようなコンテンツが充実しているか?」

以上の点を踏まえ、「AISASの法則」を意識しながら、より魅力的なホームページづくり、情報発信を心がけることで、

新規顧客獲得に繋がります。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑

【ITマーケティング】口コミマーケティング

Googleマイビジネス対策を行っていると、「口コミの返信の仕方がよく分からない」

といったご質問をいただきます。

マーケティングの世界において、口コミマーケティングは、いつの時代も重要とされてきました。

そして今では、インターネットのおかげで、更に重要なものになったと言えます。

どの媒体でもそうですが、口コミは最も効果のある「広告」と考えれば、いただいた口コミに対して、

しっかりと返信していきたいとお考えになる店舗経営者様は、お客様に対して真摯に

向かう姿勢を持たれる優良店であると思います。

反面、Googleマイビジネスに口コミが多く掲載されているにも関わらず、

まだオーナー登録すらされていらっしゃらない店舗も多く見かけます。

多くのお客様が集うプラットホーム。それが現在ではGoogleマイビジネスに他ありません。

このプラットホームを活用することで、新たな顧客獲得に繋がります。

今回は、この「口コミ」をテーマにした動画を更新させていただきました。

良い口コミは勿論のこと、悪い口コミを書かれた場合の返信方法を解説しています。

是非、ご覧ください。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑

【ITマーケティング】MEO対策では集客できない理由

年末になり、すっかり寒くなりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

来店型店舗、主に飲食店の方は忘年会。サロン系の方は年末年始もお休みなく働かれている方が

多いと思います。ある飲食店のオーナー様は「12月は飲食店の勝負の時期。ここでコケたら終わり」とまで申して

いらっしゃいました。12月、皆様に良い結果が出ることを祈念しています。

さて、今回はMEO対策では集客が出来ないという、禁断のテーマ(笑)でYouTubeを更新致しました。

なぜMEO対策ではダメなのか。これまで語ってこなかった秘密を公開しております。

私共が推奨をしているのは、MEO対策ではなく「Googleマイビジネス対策」です。

全てのビジネスにおける条件になるかと思いますが、本質を見抜き、戦略を練ること事が次の活路を開くものと

思います。今回はそんなお話です。

是非ご覧ください。

㈱エンジョイ 執行役員 信田 晋佑

Mediaメディア掲載実績

歯科医院経営・総合情報誌アポロニア21/月刊「BIGLIFE21」/月刊「美楽」/楽天コミュニケーションズ㈱様/他

【Biglife21】様WEB記事はこちら
お客様の本音を集める新クラウドサービス「JOYボイス」を提案する

WEB記事を読む

Contactシステム開発・クラウドサービス・SES お気軽にお問い合わせください